住宅性能表示 住宅性能表示制度とは…? 住宅の性能については、各住宅メーカーがバラバラの表現をしているので、
よく分からないかもしれません。

そこで、国土交通省が住宅の性能を比較できるように『住宅性能表示制度』を作りました。
住宅性能表示制度は、住宅に必要な基本性能を 『10項目』 に区分し、それぞれ“等級”という形で
ランク付けし、分かりやすく、かつ色々な建物の性能比較を 可能にしたものです。

また、この方法による建物の評価は必ず第三者機関が行う、公正かつ信頼性の高いものです。

1:構造の安定に関すること
住宅性能表示 【耐震性能】
地震や風の力が加わった時の建物全体の倒壊・損傷のしにくさを評価します。


  • 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止) 等級3 (最高等級) 取得
  • 耐震等級(構造躯体の損傷防止) 等級3 (最高等級) 取得
  • 耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止) 等級2 (最高等級) 取得
  • 地盤又は杭の許容支持力等及び設定方法
    (地盤又は杭の見込んでいる支持力の大きさとその設定方法を記入)
  • 基礎の構造方法及び形式等(基礎の構造及び形式を記入)


2:火災時の安全に関すること
住宅性能表示 【火災時の安全に関すること】
火災の早期発見のしやすさや建物の燃えにくさを評価します。


  • 感知警報装置設置等級(自住戸火災時) 等級3取得
  • 耐火等級
    ・延焼の恐れのある部分(開口部) 等級1取得
    ・延焼の恐れのある部分(開口部以外) 等級2取得


3:劣化の軽減に関すること
住宅性能表示【劣化の軽減に関すること】
建物の劣化(木材の腐朽等)に対する対策を評価します。


  • 劣化対策等級(構造躯体等) 等級3(最高等級)取得


4:維持管理への配慮に関すること
住宅性能表示 【維持管理への配慮に関すること】
給湯給排水管とガス管の日常における維持管理のしやすさを評価します。


  • 維持管理対策等級 等級3(最高等級)取得


5:温熱環境に関すること
住宅性能表示 【省エネ性能】
住宅の断熱化による冷暖房時のエネルギーの程度を評価します。


  • 省エネルギー対策等級 等級3(上位等級)取得


6:空気環境に関すること
住宅性能表示 【空気環境に関すること】
内装仕上げ材、下地材のホルムアルデヒド放散量の少なさ及び換気装置の有無を評価します。


  • ホルムアルデヒド対策等級(内装及び天井裏等) 等級3(最高等級)取得


7:光・視環境に関すること
住宅性能表示 【光・視環境に関すること】
日照や採光を得る開口部面積の多さ及び方位ごとの割合の分布(比率)を評価します。


  • 単純開口部
  • 方位別開口比
    ・表示方法(居室の開口面積及び方位ごとの比率で表示)


8:音環境に関すること(選択項目)
住宅性能表示 【音環境に関すること】
外部からの騒音の遮断程度として、居室のサッシ等の遮音性能を評価します。


  • 透過損失等級(外壁開口部) 等級2取得
  • 耐火等級
    ・表示方法(北・東・南・西の方位ごとに表示)


9:高齢者等への配慮に関すること
住宅性能表示 【バリアフリー性能】
住宅内の移動の安全性及び介助の容易性、すなわちバリアフリーの程度を評価します。


  • 高齢者等配慮対策等級(専用部分) 等級3取得


10:防犯に関すること
住宅性能表示 【防犯に関すること】
住宅の開口部を外部からの接近のしやすさに応じてグループ化し、 その上で各グループに属する全ての開口部について、防犯建物部品を使用しているか否か、階ごとに表示します。


  • 開口部の侵入防止対策
  • 表示方法
    ・表示項目
ページの先頭へ


IDS-Ⅴ型工法 耐震実験映像 IDS工法 耐震実験

様々な高性能アイテムを搭載したIDS工法は、はたしてどれくらいの耐震性能があるのか? 平成13年と平成16年の2回に渡り、「耐震性能実験(実物大振動実験)」が行われました。 2回目の実験(※1)では、異なる4種類の大地震(阪神大震災(※2)・新潟県中越地震・ロサンゼルス地震・想定関東地震)で続けて揺らしても、倒壊はおろか損傷もしない耐震性能(※3)がある事が確認されました。

耐震実験前


外観

2F内観

1F内観

写真は、I.D.S工法の試験体(※4)


耐震実験VTR

ボタンをクリックすると阪神大震災での実験映像がご覧いただけます。(※2)

■外観VTR
 iPhoneまたは動画がご覧になれない方はこちら➡

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



■内観【1F】VTR
   iPhoneまたは動画がご覧になれない方はこちら➡

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



■内観【2F】VTR
   iPhoneまたは動画がご覧になれない方はこちら➡

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




耐震実験後




※1:耐震性能実験について
この耐震性能実験は、平成16年10月~11月に、独立行政法人土木研究所において、財団法人建材試験センター主催の元に行いました。
※2:阪神大震災について
神戸海洋気象台で計測されたデータを使用しています。
※3:損傷あり・なしの判断について
(財)日本住宅・木材技術センターが発行する「木造住宅のための構造の安定に関する基準解説書」では、損傷なしとは構造躯体に大規模な工事を伴う 修復が必要となる著しい損傷が生じないことを指します。
※4:耐震性能実験で建てたI.D.S工法の家について
耐震性能実験で建てた家は、全て当社標準仕様となっています。耐震性能実験時に発生する建物の損傷状況を見るために内外装の仕上げは全面に施していませんが、その分の重量は建物にオモリを載せて調整し、在来工法の試験体と同一条件にしています。
※5:耐震性能実験で建てた在来工法の家について
耐震性能実験時に発生する建物の損傷状況を見るために内外装の仕上げは施していませんが、仕上げ材分の重量は建物にオモリを載せる事で調整しています。 構造躯体の仕様などは現在の在来木造で最もポピュラーと考えられるものを選定し、更に建築基準法および住宅性能表示制度の耐震等級1ギリギリの 耐震性能になる様、耐力壁の量を調整しています。
ページの先頭へ